武内葬儀社・プリエッセ武内を経て創業124年 信頼と実績の葬祭専門店プリエッセグループ

厚生労働省認定一級葬祭ディレクターを擁し、葬儀についてのあらゆるご相談にお応えいたします

0120-098354

生花・供物ご注文FAX用紙

お急ぎの方へ



お葬式のあれこれ・マナー編

お葬式用の写真を上手に撮るには

遺影は、祭壇の中心となり主人公の役割を果たすばかりでなく、お葬式が済んだ後も故人を偲ぶために欠かすことのできない大切なものです。家族一緒の写真や記念写真など撮影の機会はたくさんあります。いざという時あわてないためにも普段から気をとめておくとよいでしょう。

弔問客を予測するには

なかなか予想がつきにくいものです。個人の交友関係や地域によって差はありますが、普通は100人~300人くらいのようです。親戚関係や交友関係、仕事関係など、万一の事があった場合に連絡しなければならない方たちのリストを予め用意しておくと、予想も付けやすく安心です。

真心が偲ばれる粗供養品を選ぶには

多くの人の出入りがあるお葬式の場では、何かとゆきとどきにくい状況ですから、礼状をお渡しして意を尽くすようにします。また、会葬礼状に添えて粗供養品と呼ばれるお礼の品を同時にお渡しすることが多いようです。ハンカチ・砂糖・お茶など日常的な品物が多いようです。

お葬式の会場を上手に選ぶには

お葬式は、個人もしくは喪主の自宅でおこなうのが最善ですが、最近の住宅事情では思うに任せない場合も増えてきました。このため人の集まりやすい会場などを利用して葬儀を行うことが多くなりました。寺院でおこなう場合は、菩提寺の都合など確認のうえ決めることが大切です。

お葬式の費用の目安は

お葬式の費用は、祭壇・棺・遺影・霊柩車などが基本になっており、これに会葬礼状・香典返し・料理など希望に応じて準備いたします。必要な費用につきましては、格式や規模によってことなります。事前に相談することで目安もたてられます。

死亡の連絡をするための注意

万一、身内に不幸があった場合、悲しみの最中にたくさんの時柄を次々と行わねばなりません。ただちに葬儀社、菩提寺へ連絡をします。故人と特に関係の深かった方には、すぐ連絡をします。故人と特に関係が深かった人以外には、お葬式の日取りが決まってから連絡した方がよいでしょう。

お寺への費用の目安は

お寺に支払うお葬式のお礼の金額がどれくらい必要なのかは、なかなか難しい問題です。およその費用は葬儀の規模や僧侶の人数・戒名(法名)などによって決まります。正式には、お葬式の依頼をした時に僧侶に直接お尋ねすることがよいでしょう。


このページの先頭へ


株式会社 プリエッセ

〒370-0813 群馬県高崎市本町89番地

フリーダイヤル 0120- 098354 オクヤミゴヨー
eメール:info@prieese.co.jp