武内葬儀社・プリエッセ武内を経て創業124年 信頼と実績の葬祭専門店プリエッセグループ

厚生労働省認定一級葬祭ディレクターを擁し、葬儀についてのあらゆるご相談にお応えいたします

0120-098354

生花・供物ご注文FAX用紙

お急ぎの方へ



法要編

法事について

法事は法要とも言って、亡くなられた方の冥福を祈り、その霊を慰める為に命日に行う行事です。仏式では、一周忌後の法事を年忌法要といい、四十九日と同様に僧侶、親類、友人を招いて盛大に行います。また年忌法要は亡くなった月日と同じ月日に法事を行います。

法事の日時・場所の決め方

四十九日法事は、正式には故人が亡くなられてから丁度四十九日目に行うものですが、その日に集まるのが難しい場合は、四十九日が過ぎる前、先におこないます。前の土日など、皆さんが集まりやすい日を選ぶのがいいでしょう。希望の日程をご住職と相談し、場所は自宅や菩提寺などを利用します。

本位牌を注文する

お葬式で準備する位牌は、納骨の際に菩提寺に納める仮の位牌なので、四十九日までに本位牌を用意する必要があります。法事の2週間ほど前までに依頼しておきましょう。

墓石へ彫刻する

四十九日は、納骨を行う日でもありますので、墓石の手配が必要です。すでに墓石を持っている方は彫刻文言を石材店に頼み、まだ持っていない方は菩提寺などへ相談しましょう。墓石は工事開始から据え付けまで約1~2カ月かかります。

案内状の用意をする

日時・場所が決定したら、参列たまわる方へ案内を出します。身内には電話連絡でもかまいませんが、その他の方々へは案内状を送り、参列人数を明確にしましょう。参列人数が決定したら、当日の食事を手配します。お寺や霊園の施設では部屋をお借りして法事をおこなう場合が多いため、仕出しの法事料理が便利です。

卒塔婆の発注をする

卒塔婆とは、お墓の後ろに立てる板のことです。釈尊を納骨した仏舎利塔(ストゥーパ)をもじった卒塔婆には、仏教に帰依するという意味があります。記す文言を決定し、発注しましょう。

返礼品の用意をする

お葬式と同じように、法事の際も(四十九日からは『御仏前』と呼びます)をいただきます。そのお返しとなる、返礼品を用意します。


このページの先頭へ


株式会社 プリエッセ

〒370-0813 群馬県高崎市本町89番地

フリーダイヤル 0120- 098354 オクヤミゴヨー
eメール:info@prieese.co.jp