株式会社プリエッセ
0120098354
お急ぎの方へ
生花・供物のご注文

高砂会・おおぞらメンバーズについて

高砂会は約23,000会員、おおぞらメンバーズは約1,900会員の方々にご利用いただいております。

活動方針

事務局からのご案内

高砂会、おおぞらメンバーズは、世代をこえて、人と人との交流、それを通じての地域社会の発展等を大切に考え、その実現の為に活動することをめざします。

高砂会は、会員の皆様からの申し出により諸行事や活動にご奉仕させていただくことや、それらの行事の企画、推進を主な活動としております。

高砂会、おおぞらメンバーズは、原則としては地域単位など、先の活動を行う団体でご入会いただきますが、個別でもその趣旨にご賛同くださる方はご入会いただけます。

高砂会、おおぞらメンバーズは、設立趣旨により、会員の皆様から、入会金、年会費等の費用を一切頂きません。

高砂会、おおぞらメンバーズは、活動を維持する為に「地元企業及び地域貢献」をテーマとしているプリエッセに、その支援をいただいております。

お問い合わせ

会員事務局

高崎市本町89番地 プリエッセ本社ビル内 027-323-3663

人生七掛

織田信長が「人生わずか50年…」と謡ったのは、今からおよそ500年前。つい半世紀前まで、日本の平均寿命は450年間ほとんど変わらずにきました。
前の大戦が終わり、先輩達の血のにじむご苦労の末に、日本には他の国と比較しがたい平和と安定が訪れ、それは世界のトップ水準にあります。しかし、「高齢化社会」が進む現在、我々は老後の問題をどう捉えたら用意のでしょうか。
福祉対策、年金制度は、難しい問題ですが今はまだこれで安心といった状態ではないと思います。
信長の時代から、はや500年。平均寿命は30年以上のび、気力も体力も充実しているのに、60歳を過ぎたら老人と言われ、40歳~50歳は中年というのも社会通念とはいえおかしな話です。
 社会環境の変化、寿命の伸びで実際の自分の年齢は、暦の年齢に七を掛けて、出てきた数字が妥当と思われます。それが自分の正当な年齢であり、社会の為、人の為、又自分自分の為にも、今後ますます自信を持って活動できる年齢なのです。数々の経験を重ね、人生の達人たる先輩諸兄には大きなゆとりの時間の中で、健康に留意してゆったりと自分に合った目的を持とうではありませんか。
スポーツ、レジャー、文化活動等、何でも構いません。自分自身が自信を持って行える事を、地域の人々と一緒に探しましょう。以前にもまして、豊富な経験と知識を身につけ、それを生かす事によって、明るい豊かな町づくりが出来るのです。そのことを私としては、出来るだけ応援したいと思います。

高砂会顧問・株式会社プリエッセ 取締役会長 竹内 功

コスモスはギリシャ語で・・・ 「調和」「美麗」「宇宙」などを表します。
コスモスの花は華奢なイメージがありますが、嵐に倒されても茎から根を出し、再び花を咲かせる。真のまごころや優しさが厳しい強さから生まれるように、たくましい愛を秘めています。

高砂・おおぞら特別プラン高砂・おおぞら特別プラン
生花・供物のご注文